《花信風》 自然と人間のリズムを読む

アクセスカウンタ

zoom RSS ロッテンマイヤーさん

<<   作成日時 : 2013/06/11 16:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

本の感想のなかで

意外なことに とても反応が多いのが

「ロッテンマイヤーさん」についてです。



面白いな〜と思うのは、

私は「ロッテンマイヤーさん」を

社内の「上司」をイメージしながら書いていたんですが



読者感想のなかでとても多かったのは

子育て真っ最中のお母さんたちが

自分が

「ロッテンさんになっているということがわかってびっくり!」

という反応でした。




たとえばお母様からの反応・・・・



子供のころは

ロッテンマイヤーさんが大嫌いでした。

自分の欲求を頭から否定する大人の代表だからです。


でもいま、子供にイライラして

すべてを禁止する自分がいます。


子育てを立派に果たさなくてはという責任感が強すぎて

家族全体が楽しく生活するとう本来の姿を

見失っている自分を発見!


たいへんだ〜

このままではいけないと思いました。


クララのおばあさんの楽しい雰囲気を入れたいと思いました。






こんな感想をいただきました。


面白いな〜と思ったのは

大人になると、ロッテンマイヤーさんの見え方が

ずいぶん変わって見えてくるということですね。





子育てにせよ、ほかのお仕事にせよ

心にゆとりがなくなると

焦ったりイライラしたりしてしまうのは世の常です。


でもこの方はきっと

自分がこの状況を無意識に作っていたことに気づかれて、

楽しい雰囲気を取り入れるという選択をなさるんでしょうね。



感想をくださったHさん

子育て 楽しんでくださいね。

応援しています!









コミュニケーションといえば、

おじいさんほどぶっきらぼうな人はいません。


でもなぜかハイジはおじいさんの言うことをよく聞いています。

不思議ですね〜。




第2話では

服を脱ぎ捨ててもういらない!とハイジがいう場面があります。



不器用ながらもおじいさんは

ハイジにその理由をたずねます。


「あたしヤギのように走り回りたいの」と答えるハイジ。


なるほどヤギには服は必要ないですよね。


なんと子供らしい答え!




少し話はずれますが・・・・



不謹慎ながら

私はこの場面を見るたびに

もしこの場面にロッテンマイヤーさんがいたとしたら

何て答えるかを考えて

いつもにやにやしてしまうのです。。。。



「ま〜 なんという子でしょう!

あなたは人間なの。ヤギには一生かかってもなれません!」

こんな感じでしょうか?? (笑)。




でももちろん、おじいさんは、そんな反応はしません。



おじいさんは、ちゃんとハイジの

「ヤギになりたい」という熱意をまずはちゃんと聞き入れるのです。


でも、寒い冬に服は必要。

だから服は家の中に持ってくるように、と言い含めるのですね。




コミュニケーションって言葉から成り立っていると思われていますけれど、

実は 相手の気持ちをまずは受け入れるって、

コミュニケーションの基本なんでしょうね。



まずは相手の気持ちを汲むこと。




簡単なようでいて

自分の思い通りに相手が動かないと

ついつい自分の希望やスケジュール優先になってしまう。



相手をまず否定してから、自分の意見と通そうというわけです。




でもきっと

上手にコミュニケーションができる人って

相手の立場とか気持ちをきちんと受け取ったうえで

でも必要なことはちゃんと伝えることができているのでしょう。





ロッテンマイヤーさんモードになっているときには、

まずは相手、それから自分という風に

順番を逆にするだけで

関係が劇的に改善する可能性ありますね。




ちなみに ある雑誌のインタビューのときに

まさにこの場面における

ハイジに対するおじいさんの対応の仕方に感動しました!

と言われたインタビュアーさんがおられました。




相手の心を聴き

そして

相手の立場にたって

必要なことをお伝えること。




自分の心に

相手の気持ちをいれるくらいの「スペース」を常に作っている方は


それだけで

「心の豊かさ」 を感じますね。




心のゆとりがないときには

やはり基本に戻りましょう。



自分が楽しいと思うことを生活に取り入れているかどうか。

人生を自分らしく楽しんでいるかどうか。



自分らしさを表現した先に、

ご褒美として 豊かな生活

幸せな人生がやってくるからです。



おじいさんはぶっきらぼうでしたけれど

生活は決して豊かといえなかったかもしれないけれど

少なくとも自分らしい「豊か」な生活を送っている人です。




おじいさんの自分の生き方に対する自信や確信が

ハイジの「元気力」を 引き出したのかもしれない

そんなことを感じる今日この頃です。

















HP「岩田明子のカウンセリングルームへようこそ」

「本来の自分を取り戻す」ためのセラピーに
ご関心のある方はこちはへどうぞ。

(スカイプでのカウンセリングも始めました)

           ↓
http://www.akiko-counselingroom.com/






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ロッテンマイヤーさん 《花信風》 自然と人間のリズムを読む/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる